本ホームページの土木用語集には、2017年11月21日現在2976の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン さつまについての土木用語解説

ぴったり土木用語

さつまとは (さつま

さつま加工のこと。ワイヤーロープの端部加工の1種。輪に折り返した部分を編み込み加工すること。②さつま加工したアイのこと。

〔追記する〕

関連用語



1.アイとは (あい)

輪(目の型)になったワイヤーロープ端部。合金ロック止め、さつま加工、クリップ止めがある。

2.スパイキとは (すぱいき)

ワイヤーロープのさつま加工や

3.スパイキとは (すぱいき)

ワイヤーやロープのさつま加工やツボいれに使う鋼鉄製の工具です。先端が鋭く尖っているので取り扱いに注意を要する。


ほかの専門用語を検索する