本ホームページの土木用語集には、2017年9月12日現在2954の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン アンカーボルトについての土木用語解説

ぴったり土木用語

アンカーボルトとは (あんかーぼると)

木材や鋼材といった構造部材もしくは設備機器などを固定するために、コンクリートに埋め込んで使用するボルト。
引張やせん断に抵抗することによって、コンクリートに取り付けられた構造部材や設備機器が分離、浮遊、移動、転倒することを防ぐ。

〔追記する〕

関連用語



1.台直しとは (だいなおし)

アンカーボルトや縦鉄筋が打設中に傾いたり、中心がずれたりする。コンクリート硬化後それを修正すること。

2.定着長さとは (ていちゃくながさ)

①鉄筋コンクリート構造で柱に梁の鉄筋を定着するときの長さをいう。②コンクリートにアンカーボルトを定着するときの長さをいう。

3.NATMとは (なとむ)

山岳トンネル施工方法の一つで、広く採用されている。
地山の掘削後、岩が崩れだす前に吹付けコンクリートを施工し、アンカーボルトを打ち込むことで、地山に密着した支保を構築する工法。


ほかの専門用語を検索する