本ホームページの土木用語集には、2017年8月3日現在2948の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン グラブについての土木用語解説

ぴったり土木用語

グラブとは (ぐらぶ)

グラブバケットのこと。プレート型、ハーフタイン型、ホールタイン型がある。

〔追記する〕

関連用語



1.オレンジとは (おれんじ)

オレンジピール型グラブバケットのこと。捨石の投入、転石混ざりの掘削に使用。

2.ガット船とは (がっとせん)

グラブ付き揚貨装置を持つ自航式石材運搬船の事。砂を運ぶ「砂ガット」捨石を運ぶ「石ガット」がある。

3.グラブ枠とは (ぐらぶわく)

汚濁防止枠のこと。枠から布を海中に吊り下げて、汚濁物質が拡散しないようにしたもの。

4.グラブ浚渫とは (ぐらぶしゅんせつ)

グラブバケットで土砂をつかんで行う浚渫。硬岩からヘドロまで土質の適用範囲が広い。中小規模の浚渫向き。

5.グラブ浚渫船とは (ぐらぶしゅんせつせん)

グラブバケットを使い浚渫する作業船。自船泥艙または土運船に、堀上げた土砂を積み込む。

6.プリマンとは (ぷりまん)

グラブ浚渫船のこと。

7.汚濁防止枠とは (おだくぼうしわく)

枠状の浮きから布を海中に吊り下げて、汚濁物質が拡散しないようにしたもの。グラブ浚渫に使う。

8.揚土船とは (ようどせん)

土砂専用運搬船などにより運搬されてきた土砂をグラブやポンプにより陸揚げする作業船。

9.グラブ浚渫とは (ぐらぶしゅんせつ)

バケット重量

10.オールケーシング工法とは (おーるけーしんぐこうほう)

掘削に先立ちケーシングチューブを揺動貫入し、孔壁を防護しながらハンマグラブバケットにより掘削する工法。(ベノト工法)


ほかの専門用語を検索する