本ホームページの土木用語集には、2017年5月24日現在2931の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン ケーソン基礎についての土木用語解説

ぴったり土木用語

ケーソン基礎とは (けーそんきそ)

ケーソン基礎は、橋梁や建物の基礎、あるいはシールドトンネルなどの発進立杭、地下鉄や地下駐車場などの工事で、湧き水の多い場所や水中などで行う場合に箱形のコンクリート製の構造物を沈めるようにした施工法を言う。
ケーソン基礎は、剛性が高く、大きな支持力が期待されるだけでなく、支持層を直接確認することができるなどの特徴があり、重要構造物の基礎形式として広く用いられている。

〔追記する〕

関連用語



1.隔壁とは (かくへき)

 ケーソンにおいて剛性や構造強度を向上させるために設ける内壁。箱桁における橋軸直角方向の壁ケーソン基礎内側の壁。


ほかの専門用語を検索する