本ホームページの土木用語集には、2017年8月3日現在2948の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン シャフト工についての土木用語解説

ぴったり土木用語

シャフト工とは (しゃふとこう)

地滑り防止を目的とした大口径の鉄筋コンクリート場所打ち杭。

シャフト(しゃふと)工(こう) 

〔追記する〕

関連用語



1.地滑り防止とは (じすべりぼうし)

地滑り防止工は抑制工と抑止工に区別され、抑制工は地表排除、地下水排除、浸食防止、斜面改良など、抑止工は杭打ち工、シャフト工、アンカー工、擁壁工などに区別される。

2.抑止工とは (よくしこう)

斜面の安定を保つため、不足するせん断抵抗力を杭工やアンカー工、シャフト工などにより補う方法。


ほかの専門用語を検索する