本ホームページの土木用語集には、2017年10月13日現在2958の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン スケールについての土木用語解説

ぴったり土木用語

スケールとは (すけーる)

物の長さを図る道具。
一般的用語で言うメジャーのこと。

〔追記する〕

関連用語



1.黒皮とは (くろかわ)

 鋼材を熱間圧延するときなどに生じる酸化被膜「ミルスケール」。 メッキなど表面処理を施していない鋼材。黒皮メタル(フォーム)などと使う。

2.量水標とは (りょうすいひょう)

①潮位を知るために現場に設ける鉛直なスケール。目盛りは20cm単位で1m毎に横木を打ちつける。②河川やひかんなどで水位を測定するために設置された標尺。


ほかの専門用語を検索する