土木設計や建築現場の専門用語を共有してみませんか?
一級土木管理技士や測量士などの試験勉強にもご活用ください。

セメントペーストについての土木用語解説

ぴったり用語

セメントペーストとは (せめんとぺーすと)

(cement paste)セメント、水、混和材料(必要に応じて加える)を構成材料とし、これらを練混ぜやその他の方法によって、一体化したもの。


かんれん用語

1.キャッピングとは (きゃっぴんぐ)

(capping)供試体に均等な荷重が加わるよう、セメントペーストなど適当な材料を用いて載荷面を平滑に仕上げること。

2.グラウトとは (ぐらうと)

(grout)空隙目地、ひび割れなどの細かい隙間を充填するために、注入用材料として用いるセメントペースト又はモルタル。地質の不良個所、湧き水箇所、等の改良と防水を目的におこなう。

3.セメント水比とは (せめんとみずひ)

(cement-water ratio)フレッシュコンクリート又はフレッシュモルタルに含まれるセメントペースト中のセメントと水の質量比。

4.空気量とは (くうきりょう)

(air content)コンクリート中のセメントペースト又はモルタル部分に含まれる空気泡容積の、コンクリート全容積に対する百分率。

5.水セメント比とは (みずせめんとひ)

(water-cement ratio)フレッシュコンクリート又はフレッシュモルタルに含まれるセメントペースト中の水とセメントの質量比。その逆数のセメント水比と圧縮強度はほぼ直線関係になる。W/C。

6.白色ポルトランドセメントとは (はくしょくぽるとらんどせめんと)

(white portland cement)硬化後もセメントペーストの色が白色になるように、鉄分を少なくしたポルトランドセメント。


ほかの用語を検索する