本ホームページの土木用語集には、2017年11月21日現在2976の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン バック堤についての土木用語解説

ぴったり土木用語

バック堤とは (ばっくてい)

緩流河川で本川の洪水が支川に逆流して氾濫するのを防止するため、支川の堤防で影響の及ぶ範囲を本堤と同一の構造、強度とするもの。

〔追記する〕

関連用語



1.背水堤とは (はいすいてい)

本川に合流する支川において、本川の水位の影響を受けて、必要な高さ(支川自体の計画高水位)よりも高くなる堤防をいう。バック堤ともいう。

2.セミバック堤とは (せみばっくてい)

支川処理方式の一つで合流地点に逆流防止施設(一般には水門)を設け
本川の洪水を遮断しながら、支川の計画堤防高を本川の背水位を考慮して決める方式


ほかの専門用語を検索する