本ホームページの土木用語集には、2017年12月11日現在2982の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン ヒューム管についての土木用語解説

ぴったり土木用語

ヒューム管とは (ひゅーむかん)

(hume pipe)遠心力で締め固めが行われ、密実で高強度の鉄筋コンクリート管。

非建設業界の人が言う「土管」は、ほとんどの場合ヒューム管のことを指す。

〔追記する〕

関連用語



1.プラヒューム管とは (ぷらひゅーむかん)

主にφ250~600のポリエチレン管を言い、輪荷重の掛かる場所に設置する管。

2.滑材とは (かつざい)

 ソケット付きヒューム管やダクタイル鋳鉄管の接合において、挿入時の抵抗を少なくするために塗るもの。推進工法においても使う。

3.HPとは (えっちぴー)

コンクリートヒューム管

4.プラヒューム管とは (ぷらひゅーむかん)

材質の緒言

5.HPとは (えっちぴい)

コンクリートヒューム管

6.土管とは (どかん)

ドラえもんの空き地にあるのは、色をみるとコンクリートと思われるため、おそらく土管ではなくてヒューム管


ほかの専門用語を検索する