本ホームページの土木用語集には、2017年8月3日現在2948の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン フープについての土木用語解説

ぴったり土木用語

フープとは (フープ

主筋に直角になるように配筋する。
せん断補強筋、フープ、バンドとも言う。

〔追記する〕

関連用語



1.フープ筋とは (ふーぷきん)

梁や柱などで、軸方向鉄筋を所定の間隔ごとに取り囲んで配置される横方向鉄筋で、主にせん断力に対して抵抗する。

2.帯筋とは (おびきん)

RC造(鉄筋コンクリート造)で柱のせん断破壊に抵抗するための鉄筋。
柱の主筋に直角になるように配筋する。
せん断補強筋、フープ、バンドとも言う。

3.帯鉄筋とは (おびてっきん)

鉄筋組み立てにおいて、柱の剪断補強のために使われるフープ筋の事。
また、梁の剪断補強筋はあばら筋、スターラップと言う。


ほかの専門用語を検索する