本ホームページの土木用語集には、2017年11月21日現在2976の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン ロックボルトについての土木用語解説

ぴったり土木用語

ロックボルトとは (ろっくぼると)

ゆるみや脱落が予想される地山や岩塊を押さえつけるためのプレートを締め付ける為のボルト。ボルトの定着部分(先端)は深部の締まった地山へ締め付ける。

〔追記する〕

関連用語



1.ベアリングプレートとは (べありんぐぷれーと)

ロックボルトを締め付けるときに用いる鋼板のこと。

2.孔壁とは (こうへき)

爆薬やロックボルトを挿入するため穿岩機で削孔した孔の壁。

3.鉄筋挿入工とは (てっきんそうにゅうこう)

鉄筋挿入工は,斜面に鉄筋やロックボルトなどの比較的短い棒状補強材を地山に多数挿入することにより,地山と補強材の相互作用によって移動土塊や斜面上の岩塊等を安定化させる工法である。
のり面工との併用で,補強材とのり面工が結合され,補強材と一体となり補強効果をなす。また,補強材の長さがアンカー工よりも短く,比較的崩壊規模の小さい斜面に適用される。
のり面工には,吹付工や吹付枠工,プレキャスト製パネルなどがある。

4.田パネルとは (でんぱねる)

ロックボルトの受圧板。
のり面の補強土工法、老朽化したのり面の構造物(石積工、ブロック積工、擁壁)などの補強工事に採用される。
逆巻き工法での施工にも適する。


ほかの専門用語を検索する