本ホームページの土木用語集には、2017年6月16日現在2936の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 丸鋼についての土木用語解説

ぴったり土木用語

丸鋼とは (まるこう)

(round bar)断面が円形の鉄筋。

〔追記する〕

関連用語



1.スリップバーとは (すりっぷばー)

コンクリート舗装で横断方向目地部に使われる丸鋼。片側固定、対側は収縮可能の形で埋め込むことで、コンクリート版相互の荷重伝達をはかる。

2.タイロッドとは (たいろっど)

矢板工法などで、矢板の上部付近に取り付け、土圧を控え板などに伝える丸鋼棒。途中にタービンバックルを挿入して締め付ける。
河川・港湾・漁港の矢板式係船岸などで、矢板単体では持たない場合に、前面側の矢板をタイロッドで背面側に引っ張るような感じで使う。

3.普通丸鋼とは (ふつうまるこう)

鉄筋の表面に凸凹を有さないもので
鉄筋径をパイで表す


ほかの専門用語を検索する