本ホームページの土木用語集には、2017年10月22日現在2959の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 余裕高についての土木用語解説

ぴったり土木用語

余裕高とは (よゆうだか)

一時的な水位の上昇による越流を防ぐよう計画高水位に加えられる堤防の高さをいう。

〔追記する〕

関連用語



1.下路橋とは (かろきょう)

通行路が橋体の下部にある橋梁。河川の余裕高が不足しているときに桁下厚を小さくできる。

2.掘込河道とは (ほりこみかどう)

堤防が無い川のこと。天井川の反対語とも言える。
高い堤防があると、破堤による甚大な被害や、内水氾濫などが生じる恐れがあるため、一般的には掘り込み、若しくは、余裕高程度の堤防を設けるような計画が望ましいとされる。
「堀込」と書く人もいるが、これは間違い。


ほかの専門用語を検索する