本ホームページの土木用語集には、2017年11月21日現在2976の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 地下連続壁工法についての土木用語解説

ぴったり土木用語

地下連続壁工法とは (ちかれんぞくへきこうほう)

ベントナイト安定液などを注入しながら壁状に掘削し、鉄筋を挿入した後にコンクリートを打設して連続して地中壁を構築する工法。

〔追記する〕

関連用語



1.連壁とは (れんぺき)

地下連続壁工法のこと。それで造られた地中壁。


ほかの専門用語を検索する