本ホームページの土木用語集には、2017年12月11日現在2982の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 基本水準面についての土木用語解説

ぴったり土木用語

基本水準面とは (きほんすいじゅんめん)

海図に示されている水深の基準面。

〔追記する〕

関連用語



1.CDLとは (しーでぃーえる)

基本水準面のこと。海図の零位、すなわち海図の推進の基準値のことであり、平均水面から主要4分潮の半潮差の和を差し引いた水面である。

2.港湾工事用基準面とは (こうわんこうじようきじゅんめん)

港湾施設の設計、施工に際し基準となる水面で、海図の零位、すなわち海図に示されている水深の基準値である基本水準面とすることに定められている。

3.水準点とは (すいじゅんてん)

基本水準面から最も正確にその高さを求めてある点であり、その後の水準測量の基準となる点である。


ほかの専門用語を検索する