本ホームページの土木用語集には、2017年8月3日現在2948の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 場所打についての土木用語解説

ぴったり土木用語

場所打とは (ばしょうち)

工場で製作した二次製品を持って来るのはなく、現場でコンクリートを流し込んでものを作ることを場所打ちという。

〔追記する〕

関連用語



1.シャフト工とは (しゃふとこう)

地滑り防止を目的とした大口径の鉄筋コンクリート場所打ち杭。

2.リバースサーキュレーション工法とは (りばーすさーきゅれーしょんこうほう)

ビットを回転させて掘削する。その掘削土砂はロッド内を上昇する水と共に排出され、沈殿漕で土砂と泥水に分離される。その水を掘削孔に戻して循環させる。ポンプサクション方式とエアリフト方式がある。大口径大深度の場所打ち杭施工が可能。

3.ワーゲンとは (わーげん)

張り出し場所打ち橋梁架設工法において、桁上を移動する作業台車。

4.場所打ち杭とは (ばしょうちくい)

地盤を掘削した中に鉄筋を挿入し、コンクリートを打設することにより造る杭。

5.柱列工法とは (ちゅうれつこうほう)

場所打ちコンクリート杭、モルタル杭などを連続して打設し、柱列式の壁を構築して土留壁とする工法。

6.ケーシングとは (けーしんぐ)

たとえば、場所打ちコンクリート杭などにおいて、掘削孔が崩壊しないように、内枠(パイプなど)をつけることをケーシングという。

7.既製杭とは (きせいぐい)

工場で製作された杭のこと。
これに対して現場で作られる杭を『場所打ち杭』という。

8.場所打ち杭とは (ばしょうちくい)

代表的な工法


ほかの専門用語を検索する