本ホームページの土木用語集には、2017年10月22日現在2959の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 屈折についての土木用語解説

ぴったり土木用語

屈折とは (くっせつ)

斜めに波が入射するとき、水深変化に伴って波速が変化するために、波向きが変わる現象。

〔追記する〕

関連用語



1.換算沖波とは (かんさんおきなみ)

地形変化が及ぼす波の屈折や回折の影響を考慮した仮想の沖波

2.光ファイバとは (ひかりふぁいば)

光ファイバとは、光信号で通信を行う際の伝送路です。材料は石英ガラスやプラスチックを使用し、屈折率は中心部が大きく周囲は小さくなっています。従来の通信ケーブルに比べて低損失、広帯域、曲げやすい、断面積が小さい値となっています。軽い、電磁誘導の影響を受けない、漏話が少ない等の特徴を有します。


ほかの専門用語を検索する