本ホームページの土木用語集には、2017年5月22日現在2929の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 引張強度についての土木用語解説

ぴったり土木用語

引張強度とは (ひっぱりきょうど)

(tensile strength)供試体が耐えうる最大引張荷重を、引張力に垂直な供試体の断面積で除した値。但し、コンクリートの場合は間接的方法を用いる。

〔追記する〕

関連用語



1.軟鋼とは (なんこう)

鋼材の化学成分による分類では各種合金元素の含有成分により、炭素鋼、合金鋼、ステンレス鋼に分けられる。
軟鋼は炭素鋼の一種で、一般に炭素含有量が0.13から0.2%、引張強度38から44kgf/mm2を有する。
一般構造用鋼や棒鋼に広く使用されている。

2.PC管とは (ぴーしーかん)

高圧縮強度コンクリートと高引張強度PC鋼材の特長を活かして設計されたコンクリート管。


ほかの専門用語を検索する