本ホームページの土木用語集には、2017年7月22日現在2944の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 擁壁構造についての土木用語解説

ぴったり土木用語

擁壁構造とは (ようへきこうぞう)

擁壁とは、盛土、切土などの人工斜面や自然斜面において、用地の確保や斜面の安定を目的に、壁状に連続して設ける土留め構造物である。道路土工 擁壁工指針1)では、主要部材の材料や形状、力学的な安定のメカニズムなどにより、以下の図-1に示すように擁壁を分類しており、多くの種類の擁壁が存在することが判る。
以上を総称して、擁壁構造という。

〔追記する〕

関連用語



残念ながら、現時点においては検索語(擁壁構造)を含む用語が辞書に登録されておりません

ほかの専門用語を検索する