本ホームページの土木用語集には、2017年10月13日現在2958の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 既存不適格についての土木用語解説

ぴったり土木用語

既存不適格とは (きぞんふてきかく)

現在の建築基準法に違反しているが、特例により違法建築ではないとされている建築物。
建築基準法3条2項では、建築基準法および施行令等が施行された時点で、すでに存在していた建築物等や、その時点で既に工事中であった建築物等については、建築基準法および施行令等の規定に適合しない部分を持っていたとしても、これを違法建築としないとしている。
耐震設計などが現行の施設よりも劣っている可能性があるが、使いつつづけることは問題ない。
ただし、増改築を行うときにはその時点の建築基準法に従うことを求められるため、改築したくても出来ないという事態が生じることがある。ストックマネジメントが必要とされている現在の情勢下で、時代にマッチしていないと思うのだが、現行法の下では致し方ない。

〔追記する〕

関連用語



残念ながら、現時点においては検索語(既存不適格)を含む用語が辞書に登録されておりません

ほかの専門用語を検索する