本ホームページの土木用語集には、2017年12月11日現在2982の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 既製杭についての土木用語解説

ぴったり土木用語

既製杭とは (きせいぐい)

工場で製作された杭のこと。
これに対して現場で作られる杭を『場所打ち杭』という。

〔追記する〕

関連用語



1.中掘り工法とは (なかぼりこうほう)

先端開放型の既製杭に、オーガーを挿入し地盤を掘削しながら、杭自重、圧入または打撃を加えて杭を設置する工法。

2.サイレントパイラーとは (さいれんとぱいらー)

圧入原理に基づき、既製杭を静荷重
によって地中に貫入する機械

3.打込み工法とは (うちこみこうほう)

既製杭工法の一種。
地盤を事前に緩めたりせずそのままで、杭体に直接チカラを加えて打込む工法。

4.埋め込み工法とは (うめこみこうほう)

既製杭工法の一種。
地盤を事前に緩めておくか、または打込みを同時に地盤を緩め、杭体を打込む工法。


ほかの専門用語を検索する