本ホームページの土木用語集には、2017年11月20日現在2975の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 東京湾中等潮位についての土木用語解説

ぴったり土木用語

東京湾中等潮位とは (とうきょうわんちゅうとうすいい)

(TP)地表面の標高,すなわち,海面からの高さを表す場合の基準となる水準面が東京湾中等潮位で,記号としてT.P(TOKYO Peil)を用いる。

〔追記する〕

関連用語



1.東京湾平均海面とは (とうきょうわんへいきんかいめん)

東京湾中等潮位と同じ。地表面の標高、すなわち、海面からの高さを表す場合の基準となる水準面が東京湾中等潮位で、記号としてT.P.(TOKYO Peil)を用いる。

2.TPとは (てぃぴぃ)

一般的には、高さの基準値となる東京湾中等潮位を指すことがほとんど。
長距離の測量を行う場合、 器械をターン(据換)するために決めた任意点の意味で用いられることもある。


ほかの専門用語を検索する