本ホームページの土木用語集には、2017年10月22日現在2959の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 標準貫入試験についての土木用語解説

ぴったり土木用語

標準貫入試験とは (ひょうじゅんかんにゅうしけん)

原位置での土の硬さ、締まり程度を示すN値を求めるために行う動的貫入試験。
土木系では最も一般的に使われる試験法。
外径51mm、長さ81ccmの2つの割中空サンプラーを、重量63.5kgのハンマーで地盤中に打ち込み、一定の深さの打ち込みに要した回数をN値とする。また、N値を調べるとともに、サンプラーで採取した試料で土質を観察する。

〔追記する〕

関連用語



1.N値とは (えぬち)

 標準貫入試験において63.5kgの錘を75cm自由落下させ、レイモンドサンプラーを30cm貫入させるのに必要な打撃回数。

2.レイモンドサンプラーとは (れいもんどさんぷらー)

標準貫入試験用で用いる土のサンプルを集めるためのサンプラーの事。

3.N値とは (えぬち)

地盤の硬軟や支持力などを推定する動的なサウンディング方法。標準貫入試験時に、63.5kgのおもりを75cm自由落下させ、レイモンドサンプラーを30cm貫入させるのに必要な打撃回数のこと。

4.サウンディングとは (さうんでぃんぐ)

サウンディング試験は、ロッドに付けた抵抗体を地盤中に挿入し、抵抗の強さから地盤の性状を調査する方法。
ロッドを貫入したり、回転したり、引き抜いた、様々な方法があり、標準貫入試験、スウェーデン式などが有名。


ほかの専門用語を検索する