本ホームページの土木用語集には、2017年7月25日現在2945の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 歩掛についての土木用語解説

ぴったり土木用語

歩掛とは (ぶがかり)

作業別単価を求めるため、必要な作業員の職種、数量、材料の種類、数量、使用建設機械の運転時間などを示したもの。

〔追記する〕

関連用語



1.歩掛見積とは (ぶがかりみつもり)

過去の実績から、単位作業当たりに必要な費目毎の数量を把握し、単価を定める見積もり手法。

2.歩掛りとは (ぶがかり)

一般的な用語で言うところの積算資料のこと。工事や委託の費用を算出するための基礎資料となる。

一般公開されているものもあるし、非公開のものもある。たとえば、国土交通省の歩掛りは本として市販されている。


ほかの専門用語を検索する