本ホームページの土木用語集には、2017年11月21日現在2976の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 沈設についての土木用語解説

ぴったり土木用語

沈設とは (ちんせつ)

水中・海底に沈めて設置すること。

〔追記する〕

関連用語



1.鋼製ケーソンとは (こうせいけーそん)

 陸上で製作して設置場所に曳航し沈設する鋼製を使ったケーソンをいう。 「鋼殻ケーソン」ともいう。

2.沈床とは (ちんしょう)

洗掘を防ぐため、格子枠の中に玉石や割栗石を詰めて河床に沈設したもの。

3.オープンケーソンとは (おーぷんけーそん)

ケーソン工法の一種で、底板が無く側壁だけの構造物を地上で構築し沈設させる工法。

4.底版とは (ていばん)

コンクリート構造物の下部にある部材の総称。縦壁があるものがL型擁壁で、4枚あるものが枡構造となる。雨水枡や水路の分岐箇所の接続枡などである。港湾構造物では、ケーソンと言われ、沈設して防波堤などの本体構造物になる。


ほかの専門用語を検索する