本ホームページの土木用語集には、2017年6月28日現在2937の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 河川敷についての土木用語解説

ぴったり土木用語

河川敷とは (かせんしき)

高水敷(河川の水が流ている部分と堤防との間の平場)を指すことが多いが、堤防の外側の用地界までを指す場合もある。
かせんじきとも言う。

〔追記する〕

関連用語



1.堆砂とは (たいさ)

山地などで生産された土砂が河川敷、ダム、取水堰の上流などに堆積すること。
ダムや砂防えん堤などの横断構造物があると、土砂がせき止められ、河道内での自然な堆砂が抑制されてしまうため、河床低下やアーマコート化、海岸線の後退などが生じる可能性がある。
たいしゃとも言う。


ほかの専門用語を検索する