本ホームページの土木用語集には、2018年1月18日現在2990の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 浅層についての土木用語解説

ぴったり土木用語

浅層とは (せんそう)

地表からの深さを対象深さで区別した呼び名。処理対象層の深さが数m程度の比較的浅い層を指す用語

〔追記する〕

関連用語



1.浅層安定処理とは (せんそうあんていしょり)

土質安定処理を対象深さで区別した呼び名。処理対象層の深さが数m程度の比較的浅い場合で、安定材を用いた地盤改良をいう。セメントや石灰を用いた化学的安定処理が多く用いられる。

2.オーガーとは (おーがー)

主にドリルのような形状をした地面に穴を空ける機材のこと。
浅層を対象として土質調査試料の採取などで用いられる人力で取り扱うハンドオーガーや、杭基礎の施工に使われる大型のアースオーガーまで、多種多様である。
なお、オーガーを用いて掘削した孔をオーガー孔という。


ほかの専門用語を検索する