本ホームページの土木用語集には、2017年6月16日現在2936の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 液状化についての土木用語解説

ぴったり土木用語

液状化とは (えきじょうか)

地震で地下水と砂地盤が揺さぶられ、泥状化して地表に吹き出したり、支持力を著しく低下させる現象。

〔追記する〕

関連用語



1.グラベルドレーン工法とは (ぐらべるどれーんこうほう)

液状化対策の一つ。緩い砂質地盤中に砕石柱状体を設け、地震時に発生する過剰間隙水を速やかに排水する工法。

2.サンドコンパクションパイル工法とは (さんどこんぱくしょんぱいるこうほう)

マンドレルとして内管・外管をもつ二重鋼管を地盤に打ち込み、外管の中に砂を投入し、内管で砂を打撃(コンパクション)して地盤中に貫入させ、外管を少しずつ引き上げて砂杭をつくる突き固め工法。
期待される効果:全沈下量減少、液状化の防止


ほかの専門用語を検索する