本ホームページの土木用語集には、2017年11月21日現在2976の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 混和材についての土木用語解説

ぴったり土木用語

混和材とは (こんわざい)

(mineral admixture)比較的使用量が多く、それ自体の容積がコンクリート練上がり容積に算入される混和材料。

〔追記する〕

関連用語



1.AE減水剤とは (えーいーげんすいざい)

(air entraining and water reducing agent)AE剤、減水剤両方の効果を兼ね備えた混和材

2.AE剤とは (えーいーざい)

(air entraining agent)ワーカビリティー及び耐凍害性を向上させるために、コンクリートなどの中に多数の微細独立空気泡を一様に分布させる混和材

3.コンクリートとは (こんくりーと)

(concrete)セメント、水、細骨材、粗骨材、混和材料(必要に応じて加える)を構成材料とし、これらを練混ぜやその他の方法によって、一体化したもの。

4.セメントペーストとは (せめんとぺーすと)

(cement paste)セメント、水、混和材料(必要に応じて加える)を構成材料とし、これらを練混ぜやその他の方法によって、一体化したもの。

5.モルタルとは (もるたる)

(mortar)セメント、水、細骨材、混和材料(必要に応じて加える)を構成材料とし、これらを練混ぜやその他の方法によって、一体化したもの。

6.凝結遅延材とは (ぎょうけつちえんざい)

(retarder)セメントの水和反応を遅らせ、凝結に要する時間を長くする混和材

7.減水剤とは (げんすいざい)

(water reducing agent)所用スランプを得るのに必要な単位水量を減少させるための混和材

8.硬化促進剤とは (こうかそくしんざい)

(accelerator)セメントの水和反応を早め、初期材齢の強度発現を大きくする混和材

9.高性能AE減水剤とは (こうせいのうえーいーげんすいざい)

(air entraining and high-range water reducing agent)空気連行性能を持ち、AE減水剤より高い減水性能と良好なスランプ保持性能を有する混和材

10.混和材料とは (こんわざいりょう)

(admixture)コンクリートなどに特別の性質を与えるため、セメント、水、骨材以外で、打ち込み前までに必要に応じて加える材料。

11.膨張材とは (ぼうちょうざい)

(expansive additive)セメント及び水と共に練り混ぜると、水和反応によりエトリンガイトや水酸化カルシウム等を生成し、モルタル、コンクリートを膨張させる混和材

12.防せい剤とは (ぼうせいざい)

(corrosion inhibitor)コンクリート中の鋼材が、塩化物によって腐食するのを抑制させる混和材

13.流動化剤とは (りゅうどうかざい)

(plasticizer)予め練り混ぜられたコンクリートに添加し、まだ固まらないコンクリートの流動性を増大させる混和材

14.ケミカルプレストレスとは (ケミカルプレストレス)

混和材料の膨張材に関連する用語

「ケミカルプレストレス」の導入により、耐ひび割れが向上する


ほかの専門用語を検索する