本ホームページの土木用語集には、2017年6月16日現在2936の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 潤辺についての土木用語解説

ぴったり土木用語

潤辺とは (じゅんぺん)

流れの断面のうち、空気と接する部分を除いた、水路の壁や底に接する部分の長さ

流れの断面のうち、空気と接する部分を除いた、水路の壁や底に接する部分の長さのこと。

〔追記する〕

関連用語



1.等流とは (とうりゅう)

断面変化のない、乱れの全くない流れの状態。自然界には存在しないが、計算が簡単なので、ちょっとした計算にはこれを使用する。
計算式は以下のマニング式(manning)による。
V=1/n×R^(2/3)×I^(1/2)
・nは粗度係数(河川の計画では0.030とか0.035を用いた例が多い)
・Rは径深(面積÷潤辺
・Iはエネルギー勾配(厳密には違うが河床勾配を使う)

2.径深とは (けいしん)

通水断面積をA、潤辺(水に接している壁面)の長さをS として、A/Sで表される。水力水深、動水半径、水理学的平均水深ともいう。


ほかの専門用語を検索する