本ホームページの土木用語集には、2017年9月12日現在2954の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 穿孔についての土木用語解説

ぴったり土木用語

穿孔とは (さっこう)

孔を開けること。

読み方が「さっこう」ではなく「せんこう」

〔追記する〕

関連用語



1.孔荒れとは (あなあれ)

穿孔した孔壁が崩れたり、スムーズに穿孔できないこと。

2.削孔とは (さっこう)

穴をあけること。
ドリルのように先端を回転させて貫入させるイメージだが、土木では一般的には岩石やコンクリートに対してボーリングする事に使われることが多い。
中でもコアボーリングは穿孔(せんこう)と呼ぶ場合もある。

3.レッグドリルとは (レッグドリル)

コンプレッサーから送られてきた圧縮空気を動力源とし、岩盤やコンクリート等に浅い穴を穿つ小型の機械、ハンマ本体に脚(レッグ)を付けたもので、足を有効に使うことで横向き(水平方向)の穿孔を楽に行うことができる。レッグハンマと呼ばれることもある。


ほかの専門用語を検索する