本ホームページの土木用語集には、2018年1月18日現在2990の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 絶対乾燥状態についての土木用語解説

ぴったり土木用語

絶対乾燥状態とは (ぜったいかんそうじょうたい)

(absolutely dry condition)骨材を定温(110~120℃)で、定質量となるまで乾燥し、骨材粒内部に含まれている自由水が取り去られた状態。

〔追記する〕

関連用語



1.含水率とは (がんすいりつ)

(percentage of total moisture content)骨材の内部空隙に含まれる水と表面水全量の、絶対乾燥状態の骨材質量に対する百分率。

2.吸水率とは (きゅうすいりつ)

(percentage of absorption)表面乾燥飽水状態の骨材に含まれている全水量の、絶対乾燥状態の骨材質量に対する百分率。

3.絶乾比重とは (ぜっかんひじゅう)

(specific gravity in oven dried condition)骨材の絶対乾燥状態の質量を、骨材の絶対容積と同量の水の質量で除した値。


ほかの専門用語を検索する