本ホームページの土木用語集には、2017年6月16日現在2936の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 航空レーザー測量についての土木用語解説

ぴったり土木用語

航空レーザー測量とは (こうくうれーざーそくりょう)

航空レーザー測量とは、航空機から地表にレーザーを照射し、反射波の往復時間から得られる地表までの距離と、GPS測量機、IMU(慣性計測装置)から得られる航空機の位置情報から、地表の標高や形状を精密に調べる測量方法。
レーザープロファイラー測量と同じ意味。

〔追記する〕

関連用語



1.TINとは (てぃん)

航空レーザー測量などで取得した点群データを3D表示するために、点と点を不整三角網で構成した面で表現したデータ。


ほかの専門用語を検索する