本ホームページの土木用語集には、2017年5月22日現在2929の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 被りについての土木用語解説

ぴったり土木用語

被りとは (かぶり)

(cover)鋼材、シースの表面とそれらを覆うコンクリートの外表面までの最短距離。

〔追記する〕

関連用語



1.過圧密とは (かあつみつ)

地盤中のある土層が現在の土被り圧以上の大きさの圧密荷重を過去に受けたことがある状態。

2.山跳ねとは (やまはね)

トンネル土被り重量による岩石中の弾性歪みエネルギーが、部分的に応力集中し、岩盤の破壊限度に達したときに坑内に岩片が飛散する現象。

3.DPとは (でぃーぴぃー)

D.P.=土被りです。

4.土被りとは (どかぶり)

地中に構築される構造物の上端から地表面までの厚さ、または地表面からの深さ。


ほかの専門用語を検索する