本ホームページの土木用語集には、2018年4月22日現在3008の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 設標についての土木用語解説

ぴったり土木用語

設標とは (せっぴょう)

水中建造物を建設中に、その位置が水面上からもわかるように目印を標示すること。「竹入れ」のこと

〔追記する〕

関連用語



1.見通し竹とは (みとおしたけ)

浚渫、捨石などの海上作業や深浅測量を行う際に、対象範囲、位置、測線などが目視で確認できるよう、陸上または海水面上に設標するもの。竹の先端に旗布をくくって視認しやすくしたものを同一線上に複数本設置し、それらが重なったことを見通して確認することから、見通し竹


ほかの専門用語を検索する