本ホームページの土木用語集には、2017年7月22日現在2944の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 遮音壁についての土木用語解説

ぴったり土木用語

遮音壁とは (しゃおんへき)

空気伝搬音を減衰させる目的で、音源と受音点との間に設けられる壁のこと。道路交通騒音対策のひとつとして利用されている。コンクリートや金属材料などが用いられているが、最近では反射による悪影響を少なくするために穴あき板を用い、内部に多孔質材料を用いた吸音パネルも多用されるようになった。

〔追記する〕

関連用語



残念ながら、現時点においては検索語(遮音壁)を含む用語が辞書に登録されておりません

ほかの専門用語を検索する