本ホームページの土木用語集には、2017年5月22日現在2929の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 開放温度についての土木用語解説

ぴったり土木用語

開放温度とは (かいほうおんど)

アスファルト舗装後、車両を通行させてもよい表面温度。温度が下がってから開放しないとわだち掘れが発生しやすい。一般に50°以下としている。

〔追記する〕

関連用語



1.交通開放温度とは (こうつうかいほうおんど)

初期轍掘れを防止するため、アスファルト舗装舗設後、表面が一定温度以下に冷えてから交通車両を通す温度。一般に50℃。


ほかの専門用語を検索する