本ホームページの土木用語集には、2017年5月24日現在2931の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 開粒度アスファルトについての土木用語解説

ぴったり土木用語

開粒度アスファルトとは (かいりゅうどあすふぁると)

滑り止め舗装に使用される粗い舗装面のアスファルト混合物。2.36mmふるい通過質量率15~30%でアスファルト量3.5~5.5%

〔追記する〕

関連用語



1.排水性舗装とは (はいすいせいほそう)

降雨を路肩に流す舗装。表層に15~25%の開粒度アスファルト混合物を使用する。


ほかの専門用語を検索する