本ホームページの土木用語集には、2017年8月3日現在2948の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 離岸堤についての土木用語解説

ぴったり土木用語

離岸堤とは (りがんてい)

消波または波高減衰効果を目的とし、背後に砂を貯えることにより、浸食防止及び海浜の創造を図るため、汀線から離れた沖合いに、汀線にほぼ平行に設置されるもの。

〔追記する〕

関連用語



1.異形ブロックとは (いけいぶろっく)

防波堤、離岸堤、突堤の前面、海岸堤防の前面などの消波工あるいは根固め工に用いられるコンクリートブロックの総称。

2.潜堤とは (せんてい)

景観を考えて、堤体を水面下にとどめた離岸堤


ほかの専門用語を検索する