本ホームページの土木用語集には、2017年10月13日現在2958の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 面源負荷対策についての土木用語解説

ぴったり土木用語

面源負荷対策とは (めんげんふかたいさく)

面減負荷対策とは、出水時のノンポイントソース(調整池・道路・屋根・雨水マス・市街地・農地など)からの汚濁負荷を削減することを意味します。具体的な対策として、河畔林の整備・道路の清掃などが挙げられます。(→「汚濁負荷」参照)

〔追記する〕

関連用語



残念ながら、現時点においては検索語(面源負荷対策)を含む用語が辞書に登録されておりません

ほかの専門用語を検索する