本ホームページの土木用語集には、2017年12月11日現在2982の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン PC鋼材についての土木用語解説

ぴったり土木用語

PC鋼材とは (ぴーしーこうざい)

(prestressing tendon)プレストレストコンクリートの緊張材として用いる鋼材。鋼棒、鋼線、鋼より線がある。

〔追記する〕

関連用語



1.PC鋼より線とは (ぴーしーこうよりせん)

PCストランド。PC鋼材の一種で、PC鋼線をよったもの。

2.PC鋼線とは (ぴーしーこうせん)

PC鋼材の一種で、コンクリートにプレストレスを与えるために用いる高強度の鋼線。

3.シースとは (しーす)

ポストテンション方式のPC工法において、緊張するまでPC鋼材をコンクリートと絶縁させておく目的で用いる円筒断面形のさや。

4.プレテンション方式とは (ぷれてんしょんほうしき)

PC鋼材を緊張固定した後、コンクリートを打設しPC鋼線を埋める。コンクリート硬化後、緊張を解くことでプレストレスを導入する方法。プレテンと略する。

5.ポストテンション方式とは (ぽすとてんしょんほうしき)

コンクリートが固まった後、部材端面でPC鋼材を緊張して止めることによりコンクリートにプレストレスを導入する方法。ポステンと略する。

6.付着強度とは (ふちゃくきょうど)

(bond strength)コンクリート中の鉄筋、又はPC鋼材の引き抜き力や押し抜き力の最大値を、接触する面積で除した値。

7.PC管とは (ぴーしーかん)

高圧縮強度コンクリートと高引張強度PC鋼材の特長を活かして設計されたコンクリート管。


ほかの専門用語を検索する