本ホームページの土木用語集には、2018年10月4日現在2951の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 縞鋼板についての土木用語解説

ぴったり土木用語

縞鋼板とは (しまこうはん)

縞鋼板とは、鋼板の表面に滑り止め用の突起(縞目)を規則的につけたものを指します。別名でチェッカープレートともいいます。表面が滑り止めになっているので、日常生活の様々な場所で利用されています。その利用箇所としては、バス・トラック・鉄道などの床や降車口のステップ、鉄骨製の階段の水平な段(踏みづら)、道路側溝の蓋、立体駐車場などがあります。鋼板なのでその利用場所にあった加工ができ、費用も高くはないので使い勝手がよい材料です。
化学工場や食品工場などでは、腐食に強く清潔さを求められるのでステンレス製の縞鋼板を使用することもあります。ステンレス製は流通量が少なくコストもかかる為、特殊な環境で必要とされるとき以外は通常の縞鋼板が多用されます。

〔追記する〕

関連用語



残念ながら、現時点においては検索語(縞鋼板)を含む用語が辞書に登録されておりません

ほかの専門用語を検索する