土木設計や建築現場の専門用語を共有してみませんか?
一級土木管理技士や測量士などの試験勉強にもご活用ください。

パラペットについての土木用語解説

ぴったり用語

パラペットとは (ぱらぺっと)

①防波堤外港側に設けられる胸壁。②橋脚上にある直立胸壁。

河川に堤防を設ける際に、用地を取得できないなどの制限がある時に用いられるコンクリート製の特殊堤のこと。


かんれん用語

1.パラペット護岸とは (ぱらぺっとごがん)

パラペット護岸とは、波やしぶきが堤内側に入り込むのを防ぐために、堤体の天端上に突出した構造物のついた護岸をいいます。

2.胸壁とは (きょうへき)

<1>波返し。パラペット(parapet wall)。<2>橋台の壁部分。

3.橋長とは (きょうちょう)

橋台のパラペットの内側の距離


ほかの用語を検索する