本ホームページの土木用語集には、2017年4月25日現在2896の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 打継ぎについての土木用語解説

ぴったり土木用語

打継ぎとは (うちつぎ)

(placing concrete in contact with hardened concrete)硬化した状態にあるコンクリートに接して、新たなコンクリートを打設して一体構造とすること。

〔追記する〕

関連用語



1.グリーンカットとは (ぐりーんかっと)

打継ぎコンクリートとの付着をよくするため、十分固まっていないコンクリートの表面をワイヤーブラシや高圧水で目荒らしを行うこと。

2.差筋とは (さしきん)

コンクリートの水平打継ぎにおいて、一体化させる目的や上部コンクリート型枠の控え止め固定用に、コンクリートに挿入する鉄筋。

3.止水板とは (しすいばん)

コンクリート構造物の打継ぎ目地に止水のために設けるもの。塩化ビニール製のものが多い。

4.打継目とは (うちつぎめ)

(construction joint)打継ぎをおこなった境界部の継目。


ほかの専門用語を検索する