本ホームページの土木用語集には、2017年10月13日現在2958の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 橋台についての土木用語解説

ぴったり土木用語

橋台とは (きょうだい)

橋梁の両端にあって、取り付け道路と橋梁を接続し、上部構造からの荷重および背面盛土からの土圧荷重を支持する下部構造。

〔追記する〕

関連用語



1.アバットとは (あばっと)

橋の上部工を支える橋台のこと。

2.下部工とは (かぶこう)

構造物のうち、上部構造 (橋台・橋脚に支持される橋げた部分の総称) からの荷重などを地盤へ伝達するための下部構造 (橋台・橋脚およびそれらの基礎の総称) の工作。下部構造と同義に用いられることもある。

3.下部構造とは (かぶこうぞう)

橋梁の一部で、上部構造よりの荷重を基礎地盤へ安全に伝達させる部分をいい、橋台・橋脚およびそれらの基礎の総称。

4.胸壁とは (きょうへき)

<1>波返し。パラペット(parapet wall)。<2>橋台の壁部分。

5.支承とは (ししょう)

橋台や橋脚上で橋桁を支持する部品でシューとも呼ばれる。接触面の形状により線支承と面支承に分類され、相対変異を許すかどうかで固定支承と可動支承に分類される。

6.主桁とは (しゅげた)

上載荷重に対し、桁として橋軸方向の曲げやせん断で抵抗して力を橋台や橋脚に伝える主要な桁。

7.上部工とは (じょうぶこう)

橋台・橋脚の上に設けられる橋げた部分の工作。上部構造と同義に用いられる場合もある。

8.上部構造とは (じょうぶこうぞう)

橋台・橋脚に支持される橋げた部分の総称。

9.袖石垣とは (そでいしがき)

橋台、及び坑門口の左右両側の土留のこと。翼壁ともいう。

10.遊間とは (ゆうかん)

レールの継目の隙間。橋と橋台の継目の隙間。必要な隙間。

11.翼壁とは (よくへき)

橋台などの翼となる部分

12.踏掛版とは (ふみかけばん)

橋台と道路地盤の接続部分に施工する鉄筋コンクリート床版。延長5m程度。厚さ250㎜が主流

13.沓とは (しゅう)

橋台に橋桁を載せる為に取り付けた台状の部材。一般的には鋼製ですがクロロブレンゴムなどを利用するタイプの橋梁も多く有ります。

14.橋長とは (きょうちょう)

橋台のパラペットの内側の距離

15.遊間とは (ゆうかん)

橋の上部工は、温度変化や乾燥収縮又は地震時による橋脚の変形により動く。この動きに対応した、桁と橋台の胸壁や桁同志が損傷を起こさなよう適切な間隔を設けることを「遊間」と呼ぶ。


ほかの専門用語を検索する