本ホームページの土木用語集には、2017年5月24日現在2931の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 端太についての土木用語解説

ぴったり土木用語

端太とは (ばた)

型枠の面板を押さえるバタ材のこと。バタ角のこと。三寸角の木材。

〔追記する〕

関連用語



1.端太角とは (ばたかく)

型枠を押さえたり、枕に用いる10cm角程度の粗く製材した木材。ばた。

2.覆工板とは (ふっこうばん)

工事のために開いた部分を、一時的にもとに戻し、仮に使えるような状態にすることを、覆工という。

たとえば、地下工事で土を搬出した後を、通れるように仮に覆うこと。
この時に使う鋼鉄製の部材を覆工板という。

しかし、覆工板は大規模な土木工事に使われ、住宅などでは端太角(ばたかく)や
コンパネで覆うことが多い。


ほかの専門用語を検索する