本ホームページの土木用語集には、2017年7月25日現在2945の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン 硬化についての土木用語解説

ぴったり土木用語

硬化とは (こうか)

(hardening)セメントが凝結した後、時間の経過に伴って硬さ及び強さが増進する現象。

〔追記する〕

関連用語



1.CDMとは (しーでぃーえむ)

セメント系深層混合処理工法の略。スラリー化したセメント系硬化材を軟弱地盤中に注入、攪拌混合することで化学的に固化させる軟弱地盤改良工法。砂質土から粘性土まで適用範囲が広い。

2.CJCとは (しーじぇーし)

コラムジェットグラウト工法の略。超高圧水で土を切削し、そのスライムを地表に排出させると同時に硬化材を充填し円柱状の固結体をを造成する工法。硬化材はセメント系。

3.JSGとは (じぇいえすじー)

Jumbo-Jet-Special Grout Methodの略。超高圧の硬化材で、土を切削すると同時に、地盤中に硬化材を撹拌混合し、円柱状の固結体を造成する工法。硬化材はセメント系。

4.エフロレッセンスとは (えふろれっせんす)

(effloresecence)水酸化石灰と二酸化炭素により生じる炭酸カルシウムのこと。硬化したコンクリート内部から、ひび割れ等を通じて表面に析出した白色物質をいう。

5.ゲル強度とは (げるきょうど)

注入材を砂に浸透させて硬化させた固結物(サンドゲル)や注入材だけを硬化させた固結物(ホモゲル)の強度。

6.コールドジョイントとは (こーるどじょいんと)

(cold joint)コンクリートを打ち込むまでの時間がたちすぎて先に打ち込んだコンクリートが硬化を始め、そのためこれらの間を締め固めても十分一体化できないために生じる継ぎ目。

7.シュミットハンマーとは (しゅみっとはんまー)

現地において、硬化したコンクリートの強度を測定する携帯用非破壊試験機。

8.セメントとは (せめんと)

(cement)水と反応して硬化する鉱物質の粉末。

9.チッピングとは (ちっぴんぐ)

はつること。硬化したコンクリートの表面をのみなどで削り取り、祖面仕上げをすること。

10.プレテンション方式とは (ぷれてんしょんほうしき)

PC鋼材を緊張固定した後、コンクリートを打設しPC鋼線を埋める。コンクリート硬化後、緊張を解くことでプレストレスを導入する方法。プレテンと略する。

11.ポゾランとは (ぽぞらん)

(pozzolan)それ自体水硬性をほとんど有さないが、水の存在下、常温で水酸化カルシウムと徐々に反応し、不溶性の化合物をつくって硬化する微粉末状のシリカ質材料。

12.ポットライフとは (ぽっとらいふ)

塗料の使用可能時間。20度で硬化剤と混合してから、粘性度が初期状態の2倍になる時期。

13.乾燥収縮とは (かんそうしゅうしゅく)

(drying shrinkage)硬化したコンクリートが乾燥によって収縮する現象。

14.寒中コンクリートとは (かんちゅうこんくりーと)

日平均気温が4℃以下の気象条件で施工するコンクリート。コンクリートの打ち込み前後の気温が低いと硬化までの間に水分が凍結し、十分な強度が出なかったり耐久性の悪いコンクリートができるおそれがある。

15.硬化促進剤とは (こうかそくしんざい)

(accelerator)セメントの水和反応を早め、初期材齢の強度発現を大きくする混和材。

16.初期凍害とは (しょきとうがい)

(frost damage at early age)凝結硬化初期に受けるコンクリートの凍害。

17.水和反応とは (すいわはんのう)

セメントの成分と水が化学反応して凝結し、さらに硬化すること。

18.促進養生とは (そくしんようじょう)

(accelerated curing)コンクリートの硬化や強度発現を促進させるためにおこなう養生。

19.打ち込み目地とは (うちこみめち)

コンクリート打設後、硬化前に、板を挿入して作った目地。

20.打継ぎとは (うちつぎ)

(placing concrete in contact with hardened concrete)硬化した状態にあるコンクリートに接して、新たなコンクリートを打設して一体構造とすること。

21.台直しとは (だいなおし)

アンカーボルトや縦鉄筋が打設中に傾いたり、中心がずれたりする。コンクリート硬化後それを修正すること。

22.脱型とは (だっけい)

コンクリート硬化養生後に型枠をはずすこと。

23.遅延剤とは (ちえんざい)

コンクリートの凝結や初期硬化の遅延を目的とした混和剤。セメントの初期水和反応を遅らせる。

24.豆板とは (まめいた)

(rock pocket)硬化したコンクリートの一部に、粗骨材だけが集まって出来た空隙の多い不均質な部分。

25.突合せ目地とは (つきあわせめじ)

硬化したコンクリート版の隣りを施工する時のコンクリート版の目地。収縮目地はスリップバーを埋め込み、反り目地はタイバーを埋め込む。

26.白色ポルトランドセメントとは (はくしょくぽるとらんどせめんと)

(white portland cement)硬化後もセメントペーストの色が白色になるように、鉄分を少なくしたポルトランドセメント。

27.養生とは (ようじょう)

打ち込んだコンクリートが硬化した後所定の強度や耐久性及び形状などが確保されるよう、十分硬化するまで表面からの水分の蒸発を抑制したり、外部の著しい温度条件や外力から保護すること。

28.打放しとは (うちっぱなし)

型枠の模様などを生かすため、硬化したコンクリートに対し特に表面加工を施さないこと。
打ちっ放しコンクリートともいう。

29.白華とは (はっか)

硬化したコンクリート内部からひび割れなどを通じて表面に析出した白色の物質であり、エフロレッセンスともいう。
セメント中の石灰などが水に溶けて表面に浸みだし、空気中の炭酸ガスと化合してできたものが主成分。


ほかの専門用語を検索する