本ホームページの土木用語集には、2017年6月16日現在2936の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン PCについての土木用語解説

ぴったり土木用語

PCとは (ぴーしー)

プレストレストコンクリートの略。プレキャストコンクリートの略。

プレストレストコンクリートの略。プレキャストコンクリートの略。

プレストレストコンクリート(prestressed concrete):引張りに弱く圧縮に強いコンクリートの性質を利用して、荷重により生じる引張力以上の圧縮力を導入して造られたコンクリート。

プレキャストコンクリート(precast concrete):工場、工事現場内の製造設備によって、予め製作されたコンクリート部材又は製品。

〔追記する〕

関連用語



1.PC鋼より線とは (ぴーしーこうよりせん)

PCストランド。PC鋼材の一種で、PC鋼線をよったもの。

2.PC鋼材とは (ぴーしーこうざい)

(prestressing tendon)プレストレストコンクリートの緊張材として用いる鋼材。鋼棒、鋼線、鋼より線がある。

3.PC鋼線とは (ぴーしーこうせん)

PC鋼材の一種で、コンクリートにプレストレスを与えるために用いる高強度の鋼線。

4.シースとは (しーす)

ポストテンション方式のPC工法において、緊張するまでPC鋼材をコンクリートと絶縁させておく目的で用いる円筒断面形のさや。

5.プレテンション方式とは (ぷれてんしょんほうしき)

PC鋼材を緊張固定した後、コンクリートを打設しPC鋼線を埋める。コンクリート硬化後、緊張を解くことでプレストレスを導入する方法。プレテンと略する。

6.ポストテンション方式とは (ぽすとてんしょんほうしき)

コンクリートが固まった後、部材端面でPC鋼材を緊張して止めることによりコンクリートにプレストレスを導入する方法。ポステンと略する。

7.座屈荷重とは (ざくつかじゅう)

長柱に圧縮力が作用し、座屈が生じるときの荷重Pcr。Pcr=円周率の2剰×曲げ剛性/柱の座屈長さの2剰。

8.付着強度とは (ふちゃくきょうど)

(bond strength)コンクリート中の鉄筋、又はPC鋼材の引き抜き力や押し抜き力の最大値を、接触する面積で除した値。

9.PC管とは (ぴーしーかん)

高圧縮強度コンクリートと高引張強度PC鋼材の特長を活かして設計されたコンクリート管。

10.PC杭とは (ぴーしーぐい)

プレテンション方式によりプレストレスを導入した既成のコンクリート杭。
杭に圧縮力を与えているため、RC杭よりも曲げ特性に優れるとともに、打ち込み時の衝撃に対して強い。

11.穿孔とは (さっこう)

読み方が「さっこう」ではなく「せんこう」

12.ダボとは (だぼ)

ダボ(太枘、駄枘、ドイツ語:Dübel)は、木材同士をつなぎ合わせる際に使用する木製の棒。つなぎあわせる木材の大きさにもよるが、直径6mm,8mm,10mm,12mm,長さ2cmから10cmのものが規格としてある。また、棚受としても用いられる。
なお、日本の口語表現では、上記のものに限らず接合部位に使う部品を「ダボ」と総称することがある。<Wikipediaより>

13.PCW工法とは (ピーシーダブリューコウホウ)

「軽量盛土工法」の一種で強度の高いPC版を側壁に使用し、道路拡幅工事、災害復旧工事に採用される。
底面幅が1mで施工可、工事費はもっとも安い。
老朽化した橋梁補修にも採用される。

14.PCW工法とは (ぴーしーだぶりゅ工法)

河川側道の拡幅工事、法面の落石防止を行う工法。河川側道では護岸工事も同時に行う。落石防止では落石発生源を抑止する。

15.基面整正とは (きめんせいせい)

床掘が終わった地盤の浮き石やこぼれた土を寄せて、きれいに(整正)すること。

16.不陸整正とは (ふりくせいせい)

舗装又は路盤工の施工前に路盤工表面又は路床面の不陸を整正する作業。

17.かんがいとは (かんがい)

畑地に必要な水を人工的に引いてきて供給すること


ほかの専門用語を検索する