本ホームページの土木用語集には、2022年12月8日現在3173の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン アバットについての土木用語解説

ぴったり土木用語

アバットとは (あばっと)

橋の上部工を支える橋台のこと。

〔追記する〕

関連用語



1.ピアーとは (ぴあー)

橋脚、脚柱のこと。延長の短い橋梁の場合、アバットだけということが多いが、長大橋では、ピア・アバットが両方あることが一般的。

2.ピアアバットとは (ぴああばっと)

ピアアバットとは、将来的な河川の拡幅が予定されている場合など、暫定工事で橋梁を作る場合の橋脚である。
全断面施工完了時はピアとなるが、暫定供用時はアバットとして堤体内に設置するため、土圧に耐えられる構造となっている。
ピアーバットと書く人がいるが間違い。

3.P1橋台とは (ぴ1きょうだい)

アバット間の間にある構造物


ほかの専門用語を検索する