本ホームページの土木用語集には、2019年8月21日現在2978の用語が登録されています。皆様のご協力に感謝いたします。

アイコン バケット係数についての土木用語解説

ぴったり土木用語

バケット係数とは (ばけっとけいすう)

ショベル系掘削機の作業能力を検討するときに必要な係数。

土質、切土深さ、切土高さなどにより作業のしやすさが異なるため、作業計画を立てるときは「道路土工」などを参考に係数を設定する。

建設機械によっても異なるが、普通土で0.60~1.00、粘性土で0.45~0.75といった値である。山盛になりやすいもの、かさばらず空隙の少ないもの、掘削の容易なものなどは、作業効率が良いため、大きい係数を与える。

〔追記する〕

ほかの専門用語を検索する